小ロットOK!オーダーメイド箱が激安価格で作れます!―(有)向町紙工

紙箱を1個からを激安販売!オーダーメイドのオリジナル箱も他社より安く製作できます。小ロットOK!工場直送だから安心。

TEL.048-556-3509

 埼玉県行田市向町8-5

印刷について

向町紙工では、箱に印刷を入れることもできます。
注文する数量や印刷したい内容により、印刷の方法が変わります。

弊社ではお客様のご要望を聞いて、最も適切な印刷方法を提案しています。
下の表は主な印刷方法の特徴です。

印刷方法 色数 小ロット対応 特徴(メリット)
箔押し 単色 メタリックな光沢で高級感が出る。
空押し 色なし あまり目立たせたくない場合。
シルク印刷 3色まで インクの塗布量が多いので発色が良い。
活版印刷 単色 比較的安価。文字が小さい印刷向き。
インクジェットプリンター印刷 フルカラー 版代不要。数量が少ない場合安く済む。
オフセット印刷 フルカラー × ロットが大きい場合、単価が安くなる。

箱の数量、印刷の大きさ、箱の大きさ、色により、どの印刷方法が最適かご案内します。

以下はそれぞれの印刷方法の詳細を写真を使って紹介しています。
素人が写真を取っている為、撮影技術が至らない点は何卒ご容赦ください。

※印刷価格の目安についてはこちらのページをご覧ください。
※印刷サンプルもございます。必要な場合はお見積りの際にご連絡ください。


■インクジェットプリンター

コートボールにインクジェットプリンターで印刷した様子

インクジェットプリンターは版代がかからないため、小ロットの印刷に適しています。
サンプルで1点だけ印刷付きの箱が欲しい方、限定品用でそれほど数が必要でない方にお勧めです。

また、インクジェットプリンターは弊社にあるので
急ぎで印刷入りの箱を作りたい場合にも活躍します。

インクジェットプリンター

上の写真はKGナチュレという茶色の紙にカラー印刷したサンプルです。
少しレトロな雰囲気に仕上がります。
チップボール(両面グレー)にカラー印刷するのも素朴な雰囲気で素敵です。

1個だけ欲しい場合は、オンラインショップの「オンデマンド印刷パッケージ」サービスを
利用すると、通常より安い価格で箱を作ることが出来ます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。





■箔押し(ホットスタンプ)

箔押し印刷サンプル

箔押し印刷サンプル2

箔押しは、金や銀など光沢のある箔を熱と圧力によって転写する印刷方法です。
光沢があるので、文字に存在感を出したり、高級感を出したりすることができます。
銅版で押すので、紙に凹凸ができます。

箔はメタリックで艶があるタイプと艶のないタイプがございます。
金、銀、黒が人気です。
箔押し印刷のサンプルをたくさん載せたページがありますのでコチラをご覧ください

その他の色を入れたい場合はご相談ください。
色は単色のみで、初回に金型代がかかります。(2回目からは印刷代のみです)

<データ入稿の注意点>
・細すぎる文字や線、かすれ等は綺麗に印刷されませんので、太く修正する場合があります。
・AIデータで入稿の際は、背景を白、印刷オブジェクトを黒にしてください。

※箔押し印刷の価格を掲載しました!コチラ⇒





■空押し

空押し1

箔押し印刷の要領で、箔を使わず加工すると文字の部分が凹みます。
空押しは、さりげなくポイントを入れたり、落ち着いた雰囲気を出すのに向いています。

空押し印刷したN式箱

上の写真は、日光クラフトの裏側を使ったN式箱に空押し印刷した様子です。
素朴な箱の雰囲気にとても合っています。

箔押しの版は金型で、一度作れば何度も使用できます。(金型代は初回のみです)
金型の保管は最後のご使用から5年間です。




■シルク印刷



シルク印刷は、複数の色を発色良く紙に印刷することができます。
よくTシャツのプリントに利用される印刷方法です。

色はお好きな色を出すことができます。
インクを盛るので鮮明に色を出すことができます。

シルク印刷のサンプルをたくさん載せたページがありますのでコチラをご覧ください

大きい印刷の場合はシルク印刷がお勧めです。
1色につき1つ版が必要です。







■活版印刷



活版印刷は小さい文字や絵を印刷する場合に向いています。
他の印刷方法に比べ、比較的安価に製作することができます。

版は樹脂版です。
印刷する際の圧により、若干凹みができる場合がありますが、
はっきりとしたエンボス加工をご希望の場合は、箔押し印刷がお勧めです。

版は繰り返し使用できますが、劣化しますと使えなくなりますのでご注意ください。

活版印刷のサンプル

ペンのかすれ具合も表現できます。
色は、赤・黒・緑・青・なす紺・水色の6色から選べます。
版代が必要になります。

活版印刷のサンプルをたくさん載せたページがありますのでコチラをご覧ください







箱作りの基本へ戻る⇒
箱づくりのご相談・お見積りはこちら