ホチキス止めについて

ホッチキス箱

上の写真はホッチキス箱です。
弊社では、組立なし(展開した状態)と組立ありの2通りの形でお渡しすることができます。
組立ありでは2種類が選択でき、ステッチ止め(ホッチキス箱)とテープ貼りがあります。
テープ貼りについて詳しくはコチラ⇒


ホッチキス箱は、ステッチャーという大きなホチキスのような機械で箱の隅を止めます。
小さい箱でしたら蓋・身それぞれ4ヵ所うちますが
高さのある大きな箱ですと一辺に2~3か所針を打ちます。

<ステッチャー↓>
ステッチャーの写真

針金の色は銀色です。
このように↓四隅をとめます。

ステッチ止めしたC式箱

ご希望の場合は、下の写真のような銅色の針金で止めることも可能です。
銅色の針金にする場合は一式300円ですべて銅色の針金で箱が作れます。

銅色の針金

箱の高さが低すぎると、ステッチ止めできないこともありますのでご了承ください。


薄めの紙で作った箱なら、市販のホチキスで止めることもできます。
ホチキス止めする場合はタテヨコホッチキスをお使いいただいた方が開け閉めがスムーズになります。
(通常のホチキスだと横に止まってしまい開け閉めで引っかかるため)

ホームセンターでも売っておりますが、弊社でも1個600円で販売しております。
また、両面テープも1個400円で販売しています。
必要でしたら箱注文の際にお申し付けください。

C式箱の組立方法は、下のマニュアルをご参照ください。

ホチキス止めマニュアル 詳しくはこちら

グルーガンマニュアル 詳しくはこちら

水性ボンドマニュアル 詳しくはこちら




箱作りの基本へ戻る⇒


箱づくりのご相談はこちら


ホチキス止めについて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: クリスマス・リース用ギフトボックス | 台紙厚紙薄葉紙激安販売・小ロットの箱設計製作

コメントは受け付けていません。